タモリの名言「友達はいらない」「孤独について」「仕事じゃないんだぞ」の真意

タモリの名言 友達はいらない 孤独について 仕事じゃないんだぞの真意

タモリさんと言えば、ひょうひょうと生きてるイメージがありますが西洋哲学を勉強していたり多才・多趣味でもあります。

そんなタモリさんが、名言をたくさん残しているのを知ってますか?

ネットでランキングが載ってたり、ザワついたり、かなりの名言・格言があるようです。「友達はいらない」「孤独について」「仕事じゃないんだぞ」などんど。

今回は、タモリさんの名言について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ネット支持No.1の名言は?

「友達なんていなくていい」です。

「今はね、友達作ろう!作ろう!と言い過ぎるよ。友達なんていなくていいんだよ」です。

入学シーズンによく流れる歌に‘ともだち100人できるかな♪♪’ってありますが、普通は友達を沢山作った方がいいって思いますよね。

友達が沢山いる方がいい人生で、友達がいないのは寂しい人生だって思っているじゃないですか?わたしも友達が多い方じゃないので友達が沢山いる人をうらやましく思ったりします。

タモリさんがいっている「友達なんていなくていい」ってどういう意味でしょうか?

『ヨルタモリ』でタモリさんが言ってました。

「友人なんて居なくてもいいんだ。友人なんて居なくても全然やっていける。何をもって友人と定義するかだ。パーッと騒いで、おしゃべりするぐらいの仲をそう言うなら俺にも友人は数え切れないくらいいる。」

なるほど。。。あんまりタモリさんはこれについてテレビで説明していないようです。ちょっと難しいですね。

ひとりでいる事は恥ずかしくないよ、大丈夫いいんだよ?ひとりでも。そもそも本当の意味での友達めったいにいない。と言うメッセージの様に受け取れます。

なかなか難しいですよね。でも友達がいなくて孤立してしまう人や子供達へのメッセージなんでしょうね。

スポンサーリンク

タモリさんにどんな名言がある?

「友達なんていなくていい」に続き私が好きな名言を5つ紹介しますね。

  • 宇宙から見たらどうでもいい:確かに宇宙規模でみたら…と( 笑)

 

  • 好きな言葉は適当

 

  • 仕事は反省しない、人生は振り返る

 

  • 真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだよ。

 

この②~④まではタモリさんの「適当に働いて、真剣に遊ぶ」というポリシー?からきているように思います。

遊びに真剣になれない人が、楽しくもない仕事に真剣になれるはずがないとの事です。

妙に納得してしまいました。

  • 日常で1番重要なことを伝えるには低いトーンで小さな声で喋る方が伝わる。そうすると相手の注意力が増してくる。大きな声を出せば面白いと思うのは勘違いだ。

この⑤についても、納得です。

お笑い番組とかでも、ただ「わーわー」大声でやってる人達がいるけど何が言いたいのか分からない事があります。

反対にタモリさんは低い声で話しますが、つい聞き入ってしまいます。

スポンサーリンク

タモリ流寂しさ・孤独感

タモリさんのお昼の番組『笑っていいとも』にて、ジャニーズの中居正広さんとこの様なやり取りがありました。

中居さんから「寂しい時はあるか?」と聞かれ、それに対する返答はこうでした。

「寂しい時はあるか?って聞かれたら寂しいんじゃないの?」

タモリさん的には寂しいという感情は誰しもが持つ、当たり前の感情であり

「寂しくないと思うのは異常じゃないか」との事です。

さらに散歩大好きなタモリさんは散歩の最中急に寂しさと孤独感でいっぱいになる事もあるらしく「世の中が全部嫌になる感じになる」との発言もありました。

「孤独で寂しいのは当たり前」との事ですが、それは誰にでも言える事ではないでしょうか?

そこを踏まえた上で、仕事なり、趣味なり、友人関係なりをやっていく。何に打ち込んで集中・熱中していても、ふと孤独に気付く。ループですね。

「人はひとりで生まれて、ひとりで死んでいく」って事なんでしょうね。

タモリさんの発言は奥が深いです。

スポンサーリンク

まとめ

心に残る名言の数々を残しているタモリさん。

人生・仕事に疲れた時に、癒されたい時に心に響いてきます。

「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」の様に哲学的な名言もたくさんあります。

気になる方は調べてみて下さいね。

タモリさんの様に肩の力を「ふっ…」と抜いて、自然体でいられたら…楽しみながら生きていけたら素敵だな!と思います。

スポンサーリンク