郷ひろみがジャニーズ事務所独立の理由は社長との確執?バーニングとの関係は

郷ひろみがジャニーズ事務所独立の理由は社長との確執?バーニングとの関係は

往年のスーパースターの中でも抜群の現役感で今なお輝き続けている、郷ひろみさん。どんな世代の人にも名前と顔が一致して認知されている芸能人のお一人だと思います。

郷さんと言えば、派手なLIVEパフォーマンスやキャッチーなヒットソングのイメージが定番ですよね。

業界内でもその圧巻のステージへの評価は本当に高く、私もとある業界人の知り合いから「機会があれば一度は観ておくべき」とオススメされたことがあります。

そんな郷さんですが、もともとジャニーズ出身ということをご存知ですか?(知ってる人も多いですよね)当時から現在に至る郷ひろみさんの移籍事情を追ってみました。

スポンサーリンク

当時の人気は絶頂期のSMAP木村拓哉以上?スーパーアイドルの現実と葛藤

ジャニーズや48グループ等、現在もアイドルはJ-POPシーンの中でも多くの人々に愛される存在。

今活躍している人たちも当然凄いのだけれど、郷ひろみさんがデビューした時代から80年代前半は今じゃ考えられないほどのアイドルブームだったと言われています。

その中でもずば抜けて人気だった郷ひろみさんは、今でいうところの絶頂期のSMAP木村拓哉さん以上のアイドルだったと言えると思います。

デビュー曲「男の子女の子」がいきなりの大ヒット。

当時は今よりも歌番組が多かったようで、テレビ出演は音楽モノからドラマ、バラエティーまで超多忙な日々を送っていたようです。

その後、まさにSMAPが男性アイドルグループとして芸能史に新たな道を切り開いたことを、すでに男性ソロアイドル歌手として成し遂げておられたのですね。

当時の郷ひろみさんの生活ぶりは

睡眠時間は3時間、食事も着替えも移動車のなか、仕事はぶっつけ本番、高校は遅刻早退欠席の繰り返し。

http://tenshoku.mynavi.jp/job/heroes_file/008_1.cfm

そんな中である葛藤を抱くようになっていったのだとか。それは、

3年が経った18歳の頃、「歌えない踊れない喋れない、こんな自分ではいずれ終わる」

http://tenshoku.mynavi.jp/job/heroes_file/008_1.cfm

という自分自身への焦りの気持ち。ジャニーズ事務所から華々しくデビューした3年後、郷さんが18歳になった頃だったそうです。

本格的なスキルアップを切望する本人とブームに乗って売り続けたかった事務所の温度差

当時、エンターティナーとしての盤石な基盤を築くため本格的なスキルアップを意識し始めた郷さんに対し、事務所サイドはまだまだ人気が落ち着くまでそのまま売り出し続けたかったようです。

そんな本人との温度差もあり、徐々に事務所との意見が合わなくなっていったといいます。

郷さんがジャニーズ事務所を退所したのは1975年3月。その年は今では巨大プロダクションとなったジャニーズ事務所がジャニー喜多川氏の個人事務所から法人化した年でした。

ジャニーズとの契約を終了した翌4月、郷さんは現在の芸能界を牛耳るもう一つの巨大プロダクション、バーニングプロから「花のように鳥のように」を移籍第一弾シングルとしてリリースします。

ちなみに当時ジャニーズもバーニングもまだ、業界では中堅プロダクションの位置づけだったのだそうです。

この曲、プレス枚数はなんと800万枚だったとか。CDが売れない今の時代では考えられない驚愕の数字ですね。

スポンサーリンク

郷ひろみがジャニーズを辞めたホントの理由。噂の真相は?

郷さんがバーニングへ移籍することになった経緯を、バーニング社長・周防郁雄氏はインタビューで下記のように回答しています。

(渡辺の妻の)美佐さんに、メリーさんを呼んでもらいました。そこで『メリーさん、私に(郷ひろみを)やらせてください』と頼んだら『いいわよ』と言ってくれた。ですから、ぼくはジャニーズ事務所とは全く揉めていないんです

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50274?page=2

背景を補足しておくと、この話し合いをするために渡辺プロダクション社長と、田辺エージェンシー社長が仲介役となり、周防社長とジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長は渡辺社長の自宅にて会っています。

これを見る限り、世間に広がっている定説的な噂とはいくぶん状況が違っていたようにも思えます。こういう経緯があったおかげで、郷さんはさほど干されず移籍後も変わらず人気を保持できたのかもしれませんね。

但し、郷さん本人とジャニーズ事務所との間で何らかの大きなトラブルがあったのはたしかなようで、それが原因となりジャニーズを離れることになっていたことは事実だと思います。

その後、ストイックにスキルアップを求める郷さんは何度かの渡米を経験し、名実ともに本格的なエンターティナーとして日本に戻ってきました。

2014年にはバーニングプロダクションから現在も所属しているエヴァーグリーン・エンタテイメントに移籍。この事務所はもともとバーニング時代に郷さんのマネジャーをしていた中田茂氏が立ち上げた小さな事務所なのだそうです。

ここまでが表向き、郷さんがジャニーズからバーニングへ移籍した背景とされていますが、一方で囁かれ続けている裏の理由があるとも言われています。

それはジャニー喜多川社長の郷さんへの一線を越えた寵愛。わあ!でた!

ご存知のとおり、ジャニー社長には昔からBL的な噂があり、郷さんへの思い入れはそれはそれはもう尋常でないものだったそうです。

移籍が決まった後しばらく、ジャニー氏は具合を悪くしたとも言われています。しばらく寝込んだと言われています。本当に好きだったんですね。。。

この裏の理由に関する真相は闇の中ですが、ジャニー社長にとって郷ひろみというタレントが、紛れもなく大きな存在だったことだけはたしかだと思います。

まとめ

郷ひろみがジャニーズを独立した理由は?!干されなかったのはバーニングのおかげ? のまとめ

  • 郷ひろみはデビュー3年でジャニーズからバーニングへ移籍している
  • 当時はジャニーズもバーニングも中堅事務所だった
  • 退所理由は表向き「方向性の違い」とされている
  • バーニング社長によるとジャニーズ事務所ともメリー喜多川氏とも揉めていないらしい
  • ジャニー社長との特殊な関係性が裏の原因とも言われているが真相は不明

人間、年とともにストイックさがなくなりがちですが、郷さんは本当に凄いなといつも思います。ぜひ一度は郷さんのステージを拝見してみたいものです。

その他の関連記事

松田聖子と郷ひろみが破局した理由!あの破局記者会見から30年以上!その真相は?

西城秀樹の現在の病状は?目が以前と変わった?FNSで口パクで踊りを披露!

武田真治 顔が変!めちゃイケ、ジャニ勉、新堂本兄弟で見せた変化!女優の彼女は誰?

スポンサーリンク