格安スマホにauの iPhoneから乗り換えたい!SIMフリーってなに?

格安スマホにauの iPhoneから乗り換えたい!

格安スマホ乗り換えたい!けどいまいちわからん!何が一番得なのか、デメリットはないのか?そもそそSIMって何だって、シムシティ見たいなものか?という疑問からブログを書いています。

スポンサーリンク

前回までで、SIMとか、SIMロックとかそもそもキャリアでなんだ?とかを調べました。いよいよ今回はSIMフリーって何ぞや!って言う疑問を調べて行きます。

こちらで確認→

格安スマホにauの iPhoneから乗り換えたい!SIMロックって?

格安スマホにauの iPhoneから乗り換えたい!SIMてなんだ?

いやーなかなか格安スマホへ乗り換える道のりは長く厳しいなぁ。

SIMフリーってなんだ?!

前回までに調べた事で「SIMロック」端末ってのがありますね。

もともとSIMカード(加入者識別モジュールカード)には電話番号など契約者情報が登録されていて、これをモバイル端末のSIMカードスロットルに差し込めば、契約した通信会社の携帯として使える事になります。そのはずです。

amodel1

ところが、キャリアと呼ばれるNTTdocomoや、ソフトバンク、auのキャリアと呼ばれる電気通信事業会社は自分の所で売っているスマホ等のモバイル端末に他社のSIMカードが使えないような仕掛けをしていると。これがSIMロック!

色々なサービスをつけて、やっと契約にした利用者が他社へ乗り換えにくく仕掛けですな。とここまでが前回。それに対してSIMフリーていうのがある。

キャリアで販売していて、使えるSIMに制限がある端末がSIMロック、その反対でその制限が無いのがSIMフリーという訳だ。

iphoneで言えばソフトバンクやドコモなどのキャリアで販売している「SIMロック版 iPhone」とアップルストアなどで販売している「SIMフリー版 iPhone」があるということです。

キャリアの制限がないSIMフリー端末であれば、SIMカードを入れ替えていけば様々な端末が使える訳です。つまりは、auでかった iPhoneにソフトバンクのSIMカードを突っ込んでも使えないってことですな。

0

ふーん。ここまではわかってきましたよ。SIMカードがキーポイントでSIMフリー端末なら、いろんな通信会社のSIMカードを入れて使う事ができるって訳だ。

でも、これだと安くなる理由がわからないよ。なんで安くなるのか?SIMフリー端末は使い回せるっていったって、大手キャリアは、既に端末実質0円とかやっているしね。

SIMフリーで何故安い?

じゃあ、なんで安くなるのかっていうと、SIMフリーの端末があれば、低価格なモバイル通信SIMカードが使う事ができて通信費を安く押さえる事ができるという事みたい。

ん?ちょっとまってよ、低価格なモバイル通信SIMカードはなに?なんで安いの?どこで売ってるの?って思いますよね。auとかでは安く売ってないの?とか。

スポンサーリンク

もともと携帯電話事業に参入するには、自前の通信設備が必要だったりして大きなハードルがありました。そのため他社が参入する余地がなく、日本の携帯回線サービスはドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の独占状態だったのです。

このため日本の携帯料金は価格競争が起きにくく、世界的に見てもかなり高いわけですね。これでは消費者に不利益を与えてしまうと考えた総務省は、大手キャリアに対し他社に回線を貸すよう指示したのです。

first-iphone-top

この画期的な指示により自社の通信設備を持たずに大手キャリアから回線を間借りしてユーザーに提供する「MVNO」が誕生しました。

このMVNOに多くの企業が参入した事により一気に価格戦争が起こり価格の下落を招いたみたいです。シンプルでわかりやすく、安いプランが沢山用意されているっていう話しですよ!

スポンサーリンク