川島なお美さん死の前日に夫の為にサプライズ計画 夫と仕事の為に抗がん剤治療拒否

川島なお美さん死の前日に夫の為にサプライズ計画

9月24日に急逝した川島なお美さんが、死の前日に夫でパティシエの鎧塚俊彦氏のサプライズバーズデーパーティを企画していた事が、鎧塚俊彦氏のフェイスブックで明らかにされた。遺品整理で、川島なお美さんの携帯電話を見て初めて知ったと言う。川島なお美さんの携帯からは23日に多くのメールが関係者に発信されていたという。

川島なお美さん死去 鎧塚さんFBで報告 死の間際まで女優・女房・人として全力で生を全う
o0562085213435480168

スポンサーリンク

メールの内容を見て、サプラズパーティが企画されていた事を知った鎧塚俊彦氏は「涙が止まりません」とコメント。完全主義の川島さんらしく念入りな計画がたてられおり、偽の雑誌取材企画までつくってあり、メールの最後は「Toshiにはサプライズだから絶対内緒にしてね」と締めくくってあったという。いたずらっぽく笑う川島なお美さんが見えるような愛にあふれたコメントではないか。

フェイスブックには続けて「遺品を整理していて妻の愛情を改めて感じる事の連続で涙が止まりません。私はなお美に何をしてあげられたのか?」と鎧塚氏の悲痛な思いが綴られており、「大勢のマスコミの方が雨の中、私達の家の前にいらっしゃいます。申し訳ございませんが今は外に出て皆様にお話する事が出来ません」とまだ心の整理がつかず会見が出来ない事を説明した。

20150918_kawasimanaomi_33

夫と仕事の為に抗がん剤治療拒否<FB全文>

2014年1月に肝内胆管がんが発覚し、腹腔鏡出により12時間に及ぶ摘出手術を受けたが、術後は抗がん剤や放射線治療を一切受けずに、免疫療法を向上させる食事療法や運動を実践してきたという。抗がん剤治療を受ける事で副作用により女優の仕事が出来なくなる事、鎧塚氏との日常生活が出来なくなる事を恐れてのことだったという。

公式ブログが25日に更新され、10月1日の通夜、同2日の葬儀・告別式で、ファンのために献花台が設けられることが告知された。川島への最期のお別れをみなさんの笑顔で見送っていただけましたら幸いですと記されている。

通夜は0月1日午後6時、葬儀は同2日午前11時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は夫鎧塚俊彦(よろいづか・としひこ)さん。

****以下鎧塚俊彦氏全文*******
たくさんの励ましの御言葉ありがとうございます。妻なお美の携帯電話を初めて見ました。亡くなる前日に多くのメイルが発信されていました内容は10月に私の誕生日サブライズパーティーを開こうというもの偽の雑誌取材企画まで作って「Toshiにはサプライズだから絶対内緒にしてね」で締め括ってありました。遺品を整理していて妻の愛情を改めて感じる事の連続で涙が止まりません。私はなお美に何をしてあげられたのか?

大勢のマスコミの方が雨の中、私達の家の前にいらっしゃいます。申し訳ございませんが今は外に出て皆様にお話する事が出来ません青山葬儀所にて10月1日18時より通夜、2日11時より葬儀を致します。1日通夜の後、勇気を出してマスコミの皆様の前に出るつもりです。もう少しお待ち下さいませ。

スポンサーリンク

その他の川島なおみさんの記事はこちら

川島なお美さん死去 鎧塚さんFBで報告 死の間際まで女優・女房・人として全力で生を全う

川島なお美 年内の仕事は全て降板へ 出演は不可能 鎧塚さんFacebookで状況を語る[全文]

川島なお美 治療に専念「壊れたエンジンを直してきます」ブログで報告

激やせ川島なお美 体調不良で舞台を降板 病院で検査へ

川島なお美 癌からの生還 激やせもブログに心配ないと感謝の言葉

川島なお美さん通夜 芸能界の葬儀への参列者はデヴィ夫人、石田純一、片岡愛之助、向井亜紀等続々