指原莉乃のスキャンダルの真相、週刊文春が書いた元彼との関係とは?

指原莉乃のスキャンダルと文春

AKB48のエースの一人で2015年の「AKB48 41stシングル選抜総選挙」では、2年ぶりの1位獲得と活躍を続ける指原莉乃だが、スキャンダルでは実はベッキーと同じ様に文春にスクープされている。

スポンサーリンク

今更ですが指原莉乃のプロフィール

本名    :指原莉乃
生年月日  :1992年11月21日
出身地   :大分県大分市
血液型   : O型
公称サイズ :身長 / 体重 159 cm / ― kg
スリーサイズ: 73 – 53 – 81.5 cm
HKT48チームHのメンバー。尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。AKB48の元メンバー。 大分県大分市出身。太田プロダクション所属。

指原莉乃

文春にスクープされた指原莉乃と元彼A

2012年6月「週刊文春」に2008年夏から2009年秋にかけて当時15〜16歳だった指原莉乃とファンの一般男性Aが交際していたというスクープ記事が掲載され大スキャンダルとなった。

熱心な指原莉乃ファンだったAに対してSNSサイトを通じて指原莉乃から偽名を使ったメールが来るようになり、恋愛関係に発展した。

指原莉乃

もちろん外で自由に会えず、指原莉乃の自宅でのデートを繰り返していたが、彼女のほうから「もっとこっち来なよ」などと迫られ、押し倒してキスをしたなど赤裸々な告白が掲載されたのだ。

しかし、1年程の交際していたが、遠距離恋愛だった為に、会うときは学校を休み、朝5時に起きて2時間かけて指原莉乃の家へ行かねばならず、自由に外で会えない事、他言無用で誰にも相談も出来ない事等がストレスになり破局へ。

指原莉乃

しかも、会えるのは母親のいない平日のみで、2〜3週間に1回のペースで会えるという厳しいもの。今の指原莉乃と付き合えるのであれば、手を挙げる人は沢山いるだろう。しかし高校生には厳しかった様だ。

別れを切り出した彼に指原莉乃は、「あたし諦めれん ほんとにここまで好きになったのははじめてなの (中略) ふざけんなよ!」というメールを送っている。

元彼Aの裏切

しかしAは、そのメールやキスをしているプリクラ、ベッドで撮った写真などを文春に情報提供、つまり売却しだのだ。彼が手にした現金は15万円。破格の安さだ。

その情報中には実際に雑誌に掲載された写真の他にも、かなり過激で指原莉乃が未成年である事からさすがに掲載を見合わせたという写真も含まれていたという。

しかし、Aが手にした15万円の代償もあった様だ。ネット上で元カレAに対する攻撃が始まったのだ。この男性の素性や写真を特定する事態にまで騒ぎは拡大。

指原莉乃

携帯電話への脅迫電話やネット上に襲撃予告がUPされたり、自宅前に指原莉乃のピンナップを高々と掲げながら立っている不振な男が現れたりしたそうだ。そうなると通常の生活が困難になり、別の場所に避難しているという。

彼のした事はファンからすれば許しがたい行為であり自業自得であるが、実は指原莉乃はさらに上を言っていた。また文春にすっぱ抜かれたのだが、Aさんと付き合っている同時期に実は他の男性Kと交際していたというのだ。

スポンサーリンク

そのKさんによれば、6月に同誌に過去の交際を暴露したAと自分は同じ時期に指原と関係を持っていたのだという。当時の指原は「気が多い」と有名だったそうで、何人もの男性に「好きです」と粉をかけていたそうだ。

しかも、総選挙で1位になった事に関して「ああいうこと(スキャンダル)があったから良かったんでしょ?」と明石家さんまから質問されると、

「多分あれがなかったら、こうはならなかったので、その週刊誌にもすごく感謝してる。(どん底の状態と頂点の状態)どっちも経験させてくれたのが週刊文春なので」回答している。

芸能界で生き残るには、スキャンダルすらパワーに変えるタフネスが必要なのかもしれない。

指原莉乃関連記事はこちら

HKT48の指原莉乃 アイドル恋愛観に持論展開。自分のスキャンダルと文春記事の真相に何思う?

指原莉乃 千賀健永と熱愛発覚!ペアルックはピアスとスマホケース、写り込んだ腕時計。

指原莉乃のスキャンダルの真相、週刊文春が書いた元彼との関係とは?

スポンサーリンク